システムエンジニアとして働くと、その求人の多さにびっくりするでしょう。
実はシステムエンジニアは離職率が高く、いつでもどこでも働けるとまではいいませんが、全国的に求人が多く出ている職種でもあるのです。
そういうと将来性が低いように思うかもしれませんが、そんなことはありません。
システムエンジニアの将来性は高くなっています。

ひとつはスキルを磨きIT技術の進化についていくことにより、シニアエンジニアという高いスキルを持ったエンジニアとなり、いい待遇になることは珍しくありません。
また、通信技術の進化により、地域や時間を超えていろいろな仕事ができるでしょう。
他にはプロジェクト進行に関わるうちにプロジェクト運営スキルが高くなり、最終的にマネージャー職になることもできます。
この場合、ますます待遇は良くなるようです。
最近では退職したエンジニアがその後に自分の会社を設立し製品を開発したり、アプリやウェブサイトなどを作って注目を集める人もいます。
また、会社は設立せずとも、独立してフリーランスとして仕事をするという人もいるようです。

このため、年齢が高いことはあまりデメリットにはならず、経験を積んで知識や技術力を磨けば、ますます将来性は高いといえるでしょう。
ただしこれらはしっかりとスキルを磨き、技術力を高めた場合です。
中には昔の技術をずっと使い続けている会社もありますが、そのような会社で働く人は転職したり退職したりして似たようなエンジニアのスキルを見ると、自分のスキルの無さや時代の変化にびっくりすることもあるでしょう。
このため、知識不足・技術力不足に気をつける必要があります。