コンピューターやインターネットが出現し、時間とともに広がり続け、将来的にはさらに拡大することが予想されています。
そして仕事から日常生活まで欠かせないものとなっており、それゆえシステムエンジニアの需要性が高まってきているのです。
しかしながら現状を見ると必要数に足りていないことが多く、常に人手不足に悩まされていることが多くなっています。

その理由が何かというと、仕事内容の煩雑さと精神的なストレスにあって、技術革新は日夜進んでいて、エンジニアもそれに対応するために常に新しい知識を学ばなければいけなく、時間が幾らあっても足りないということがあります。
さらにコンピューターを使って目を酷使すると、全身の疲労感やストレスもかなりのものとなってしまい、解消しなければいけないと思いつつも常に新しいプログラムに備えて勉強する時間も必要となってきて、身動きが取れなくなってしまうのです。
こうなってくると仕事上のメリットよりもデメリットの方が大きくなってしまい、確かな技術を持っていても離職してしまうことが多くなってしまうのではないでしょうか。

技術の進歩は止めることができないもので、エンジニアがそれに対応するため学ぶのは当たり前でありますが、これによってプライベートの時間を削ることになると働き続ける意欲が失われるのも当然のことだと私は感じます。
それゆえ状況の緩和が求められており、働き続けるという状況を早急に解決する必要があるのではないでしょうか。