とりわけ長時間労働が問題になりやすいシステムエンジニア。
それが主な原因となって、かなり深刻な人材不足に陥っている業界です。
しかし、人材が足りていないのは何も長時間労働だけが原因というわけではないのかもしれません。
それにはさまざまなのっぴきならない事情が絡んでいるのではないでしょうか。

システムエンジニアの世界でも、とりわけプロジェクトマネージャの不足が深刻化しています。
プロジェクトマネージャとは、要するにソフトウェアを開発するうえで、プロジェクトチームを組織し、それを管理・運営していく役割を持った人物のことです。
一般的なエンジニアよりも上級に位置する役職であり、業界ではこうした上級システムエンジニアが数が足りていない状況が続いています。
基本的にエンジニアは、コンピュータと会話するような仕事です。
したがってコンピュータのスキルや知識が高ければ高いほど、対人間との関係が希薄になりがちであり、プロジェクトマネージャのような人を束ね、動かし、統括するような仕事ができないという人がどうしても多くなってしまいます。
プロジェクトマネージャは、そのように組織を運営していく能力が求められると同時に、アプリケーションの製造開発などに精通していなければなりません。
要するに、コンピュータのスキルや知識が求められると同時に、組織の管理や運営でき、かつ顧客との折衝などのスキルも要求される非常にハードルの高い役職なのです。
そのため、そのハードルの高さから業界内でもとりわけ人材不足が深刻な役職となってしまっているのだと思います。